×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みずほ銀行 店舗 統廃合

みずほ銀行の店舗統廃合時に大規模なシステム障害が発生し、ATMの停止や公共料金等の2重引き落としなどのトラブルあり信用を落としました。みずほ銀行の店舗統廃合は大変だったようです。そのため勘定系システムの統合が当初の予定より1年以上遅が出たために、重複したみずほ銀行の店舗の統廃合が進まず、2つのみずほ銀行の店舗が同一の建物に同居する店舗内店舗(ブランチインブランチ)という形をとったようです。この時のみずほ銀行店舗統廃合の時のトラブルの一件により、銀行においてコンピューター・システムの重要性が、社会的に改めて認識されることになりました。このため、2006年1月の三菱東京UFJ銀行の合併の際には、みずほ銀行の店舗統廃合時での障害事件の再来を懸念した金融庁の指導で合併が当初より3ヶ月延長されることになりました。みずほ銀行の店舗統廃合時のトラブルは、今後のこのようなトラブルの参考材料そして貴重だったかもしれません。

みずほ銀行 店舗 お得情報

みずほ銀行の店舗以外で、みずほ銀行を利用される方にお得な情報です。みずほ銀行の店舗でキャッシュカードを使用する場合、みずほ銀行の店舗のATM、出張所では、平日の8時45分〜18時まで手数料は取られません。時間外、土曜、日祝日は、105円〜210円の手数料が取られます。また、みずほ銀行の店舗以外の他の銀行やコンビニなども手数料がかかります。しかし、「みずほマイレージ」に入って条件を満たしていると、無料になるようです。「みずほマイレージ」はみずほ銀行の店舗で無料で申し込める上、キャッシュカードと一体型のクレジット(年会費無料)を月に1円でも利用すると、みずほ銀行の店舗のATMやコンビニATMでも時間外無料になります。その他みずほ銀行の店舗宛は振込みも無料なり 他行宛でも105円の割引になります。「みずほマイレージ」に入るには残高など預金資産100万以上などの条件がありますが条件を満たし、みずほ銀行の店舗だけでなく、コンビニなどみずほ銀行の以外の店舗のATMをよく利用する方にとっては、この「みずほマイレージ」はお得な情報です。

みずほ銀行の店舗で、みずほSuicaカードを

みずほ銀行の店舗で申し込みが可能な「みずほSuicaカード」があります。みずほSuicaカードは、みずほ銀行の店舗で使われるキャッシュカードとJR東日本の「ビュー・スイカ」カードとして利用できるカードです。初年度は年会費が無料で翌年度以降年会費は500円(消費税等込)になります。ただし翌年度以降も前年度1年間のクレジットカードでのショッピングのご利用額が合計10万円以上の場合は年会費は無料です。 みずほ銀行の店舗一覧表などから自分の所在地に近いみずほ銀行の店舗を検索して、そのみずほ銀行の店舗で申し込みをすればいいと思います。みずほ銀行の支店や有人店舗、ATMコーナーなどにも、メールオーダーのお申し込み案内用紙があると思います。「Suicaカード」はいろいろ便利で、これからも様々なサービスが提供されると思いますので、みずほ銀行の店舗を利用される方は検討されてもいいと思います。

Copyright © 2008 みずほ銀行 店舗 統廃合情報